取扱作家
アートスペースmiyu
〒533-0003大阪市東淀川区南江口3-4-48-3F
tel: 06-6327-8811 E-mail: miyu@artspace-mur.co.jp
open: 月~金 11:00~18:00
土曜日15時迄 日・祝日予約制
 

 貸しスペース案内

 アートコーディネート

 

 取扱作家

 交通案内・地図

 
高久 至
Itaru Takaku 

~水面に浮かぶ異国の漂着ゴミから、ひょっこりと顔をのぞかせたるニジギンポ~

ⒸItaru TAKAKU
 千里朝日阪急ビル1F エントランスホールにて展示中
(アートプロムナード2017年12月21日午前中迄展示)



 
  ご希望の方はメール、お電話にて、
ご注文を受け賜わっております。

「屋久島 豊饒の海 The Sea of Fertility,Yakushima 」
A4変形判 95ページ 定価2,200円 (※税込み2,376円)
著者:高久至 デザイン:高久照美
発行:東方出版株式会社

屋久島に移り住んでからの6年間、春夏秋冬、晴れの日も雨の日も、凪の日も時化た日も、夜明けから日没まで、時には真夜中の海へ潜り、この海を全身で感じてきました。これは2009年から2015年までの6年間の屋久島の海の記録です。黒潮の当たる痛快な海から極小のプランクトンの世界、生き物たちの切実な生態シーンや、楽園の様なタイドプールの世界、そして竜宮城(アカウミガメの国)などなど、屋久島の海が凝縮された1冊になっていると思います。
 
高久 至 プロフィール 
水中写真家 

2歳のとき、「うみ~」と騒いで煩かったらしい。
高校時代は素潜りや釣りが好きで葉山や横浜の海に通う。
大学の時にダイビングと出会い、国内外を潜り歩く。
大学卒業後は1年間の海外放浪生活。
香港からユーラシア大陸を横断しモロッコまで。北アフリカや中東も立ち寄る。
帰国後は西伊豆・大瀬崎にてダイビングインストラクターとして働く。
2009年には子供の誕生をきっかけに屋久島へ移住。
『屋久島ダイビングライフ』を設立する。
とにかく海が大好きで仕事でも休日でも関係なく海に入り、屋久島の海を切り取ることに情熱を注いでいる。
2016年より写真家業に専念するためにダイビングのお店を閉め、日本の海を巡る旅に出る。
 
 
 
作家一覧へ 
  All Rights Reserved. Copyright (C) 2010- artspace mûr